催眠療法|ヒプノセラピー


講演会のご案内
各画像をクリックすると
PDFファイルが開きます
[ メンタルヘルスセミナー ]
メンタルヘルスセミナー『習慣形成プログラム』
2013年6月29日(土)
15:30〜17:30
習慣形成プログラム
[ 受付中 ]

カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
カテゴリー一覧
月別に表示
最近書いた記事
おすすめ書籍
クリニック関連ブログ紹介

統合失調症、低血糖症、うつ病
統合失調症、低血糖症、うつ病

統合失調症などの診断を受け、多くの薬を用いて治療をされている方へ。実は重度の栄養不足が原因で、精神疾患と呼ばれる症状が出る場合がある事をご存知でしょうか?薬を用いた対処療法だけではなく、体の根本から改善させるアドバイスを日々情報発信しています。

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療

がんの治療には、効果的な栄養摂取が必要不可欠です。手術、抗がん剤、放射線などの標準的な治療に効果的な栄養補給を併用することによって、治療効果の増強や副作用の軽減などが得られます。ブログではガンに対してより積極的な栄養アプローチも紹介していきます。

健康と栄養
健康と栄養(登録制)

22年の実績のある栄養療法カウンセラーが子供の健康と栄養を語ります。

催眠療法がめざすもの その7(つづき) -- 出会い
JUGEMテーマ:催眠療法

その日、友人は出張の帰り。
搭乗予定の飛行機が遅れ、待合室でたまたま隣に座った人と何となくおしゃべりしているうちに、相手が編集者と知り「こんな本を出したいと思っているのですが」と切り出してみたところ、相手も「おお、ちょうど今度はそのテーマで本を書いてくれる人がいないかなと考えていたところなんですよ!」ということになり、それから具体的な話が進みました。
こうして、友人の処女出版が実現しました。
その後も彼女は何冊も書籍を出したり、新聞に連載したり、NHKテレビのインタビュー番組に出演するなど、大いに活躍しています。

ここで、「神頼みや祈りは私も何年もやっているが、一向にご利益なんかないよ」と感じた方へ。実際には、願望実現するためには、「祈る」際の気持ちの持っていき方にいくつかのコツがあるのです。その点についても、いずれお話ししようと思います。

| 催眠療法がめざすもの | 06:46 | - | - |


催眠療法がめざすもの その7
JUGEMテーマ:催眠療法

催眠療法で非常に有効なテクニックの一つが、「自分の欲しいものを引き付ける、実現する」というものです。
たとえば、

・自分が真にやりがいを感じ、かつそれで十分に生計を立てていけるような仕事(天職)
・愛し愛される人間関係(伴侶、恋人、親友など)
・特定の目的の人間関係(顧客、生徒、教師、専門家、あるいは自社で雇用する社員など)
・特定の物(日用品から衣料、車、不動産まで)
・特定の情報(専門知識、最新の情報、その他)

例えば、私の友人でカウンセリングをしていたある人が、以前本を出版したいと思い立ちました。
彼女は「このような内容で本を出したい!これによって、多くの人たちの役に立つと思うので、神様どうかお願いします」と祈っていたそうです。
この人は特に誰に教わったわけでもないのですが、この「祈り」の際に上手に自己催眠状態になっていたようです。
それまで特に出版や投稿の経験もなく、原稿を出版社に送ったり持ち込んだりといった行動も取らなかったのですが、それから数ヵ月後には偶然に某出版社の編集者と知り合い、その後とんとん拍子に出版が実現したのです。
(つづく)

| 催眠療法がめざすもの | 09:34 | - | - |


催眠療法がめざずもの その6(つづき) -- 選び方
JUGEMテーマ:催眠療法

それでは自分の潜在意識を使った選び方とは、どんなものなのでしょうか。

こうした場合にも、他の目的の催眠療法と同様、まず呼吸や身体弛緩暗示を使って、心身をリラックスさせていきます。
そして選択肢各々へと続く道をイメージしてもらい、どちらの道がより良いと感じられるかを調べます。

その「良さ」は、例えば片方への道の方がより明るく光に照らされているように見えたり、より強いワクワク感を感じたりすることでわかります。
もう片方は相対的に暗く見えたり、よどんだ感じや息苦しさを感じたりし、両者の違いが比較的ハッキリわかることが多いです。

普段の意識状態ではこのような違いがなかなかわからないのは、覚醒状態では義理や義務感や、「この辺で手を打っておかないともうこんなチャンスは手に入らないのでは」という恐れや、「自分の好き嫌いを優先させるなんて身の程知らずだ」といった自己批判の考えなどについ従ってしまいがちだからです。

しかしほとんどの場合、本心を押し殺して頭で「こうすべき」と選んだ結果は予想通りにはいかなかったり、後に無駄になることが多く、また最終的には目的を達成したとしても自分が真に選びたかったものではないために、思ったほどの充実感が得られなかったり、それ以前の試練の時期に耐え切れず断念してしまう…といったことになりかねません。

それに比べ潜在意識、つまり本心から選択した時にはその選択したこと自体に喜びを感じやすく、たとえ途中で思うように進めない時期にも「何とかなるだろう」「きっと何とかできる」という気持ちを保てるので、より目的を達しやすくなるのです。


| 催眠療法がめざすもの | 07:14 | - | - |


催眠療法がめざずもの その6
JUGEMテーマ:催眠療法

3.選択の決断

人生には、ささいなものからその後の方向性を決めるような重大なものまで、日々選択の連続です。

特に多くの人がさしかかる代表的な決断の例が、
・どの学校(あるいは会社)を受験するか?もし両者に受かったら、どちらに入学(入社)するか?
・AさんとBさん、どちらと結婚するのが良いか?
・もう離婚すべきか、踏みとどまるべきか?
・マンション等で、Cの物件とDの物件、どちらを購入(あるいは、借りる)べきか?

また、事業者なら
・業績が今いちのとき、規模を縮小すべきか、広告宣伝にもっと投資すべきか、あるいは設備投資をした方が良いのか?
・Eの企画とFの企画、どちらを採用すべきか?

といった、大きなことを決断しなくてはならないこともしばしばでしょう。

当然、それぞれの選択肢について情報を可能な限り集め、先輩や専門家等に意見を聞き、過去データを分析し…と、考えうるあらゆる手段を尽くすわけです。
しかしどうしてもそれだけでは甲乙つけがたい、あるいは未知因子があるために双方の選択結果がどうなっていくのかが読めない、という事態も珍しくありません。

以下、しばらく脱線しますが…。
そんなこともあって、実は占いに関しても、社長など組織の長は、一般人よりも真剣に腕の良い占い師を探し出し、時にはお抱えにして、社運を決めるような決断をすることがあります。
常識や思考、分析ではどうしても結論が出ない選択をしなくてはならないとき、いわゆる「ヤマカン」で決めてしまうよりは、ちゃんとした技術をもった占いの結果は信頼できるからです。
その場合の占いとは、よく雑誌やテレビでいっているような安直なものではなく、純粋なオーダーメイド。
気象予報士が天気図から国や地域の天気を予想できるように、正確な技術を持った占い師は依頼者の「運気図」を作成し、それに基づいて次の一手を助言できるのです。
(だから鑑定結果についても、「いわれたことのうち、良いことだけを信じよう。その方が自分の心の癒しになるから」といった、一般の人の多くがやっているような生やさしい受け取り方はしません。)

横道に逸れましたが、要するに通常の判断では決断がつかないとき、何をツールにするか?ということです。
そして占いも一法ですが、何も占いを勉強したり占い師を探し出さなくても、人の心には偉大な「知恵のもと」があります。
それが、潜在意識です。


| 催眠療法がめざすもの | 07:36 | - | - |


催眠療法がめざすもの その5
JUGEMテーマ:催眠療法

2.企画、創作活動力のアップ

忙し過ぎたり、余裕がなかったり、いわゆる「煮詰まった」精神状態のときには、気ばかり焦って、良いアイディアはなかなか浮かんでこないもの。

歴史上の偉大な発明の多くも、入浴中やうたた寝の時、あるいは夢の中でといった、リラックスしたり、せわしない普段の覚醒状態の意識から離れた瞬間に、ふと心の中に湧いてきています。
もちろんそれに先立って、覚醒状態の意識(顕在意識)の中で知識や情報を集め、様々な方向から検討し分析し、試行錯誤を繰り返す…といったことにも全力を尽くした上でですが。

覚醒意識9割方までアプローチしても、どうしてもあと一歩の決め手がわからない、といった場合、その課題から一旦離れることで、覚醒意識から潜在意識へ問題処理がバトンタッチされ、思いもよらないタイミングで啓示のような回答が降ってくるように感じられることがあるのです。

また小説家、画家、音楽家などのいわゆるアーチストは、その才能と共に、作品をコンスタントに生み出すエネルギーや、自分の能力を信じ、スランプの壁を打ち破っていく力が特に必要となります。
このような場合にも催眠によって過去・現在・未来の自分へのポジティブなエネルギーを体験することで、こうした自分への力づけや創作へのモチベーションを高め、維持することが可能です。

例えば映画「ロッキー」で有名なシルベスター・スタローンなども、しばしば催眠によって自分を鼓舞し、あのような大ヒット映画を世に出し続けることができたのです(『ヒプノセラピー』ジャネット・フリッカー他著、産調出版)。


| 催眠療法がめざすもの | 07:20 | - | - |


催眠療法がめざすもの その4
JUGEMテーマ:催眠療法

もちろん催眠療法は、既に健常な生活を送れていて、更にレベルアップをはかりたい人にも大いに役立ちます。
例えば、以下のような分野です。

1.パフォーマンスを上げる。

各種試験(入学・入社試験、面接、実技試験など)、スポーツの試合や、自己記録を伸ばす。
試験、面接、試合など「ここ一番」の時は、普段コツコツ勉強や練習を積んだ人でも、緊張や苦手意識のために本来の実力を発揮できず悔しい思いをすることも少なくありません。
催眠では、この近い将来の日時を予め体験し、いわゆるイメージトレーニングを何度か繰り返しておくことで、本番でも落ち着いて自分を打ち出しやすくなります。

また、会社でのプレゼンテーション等の際、既に普通に発表するのに特に問題ないが、

・より効果的、印象的に演出するにはどうすれば良いか
・他のバリエーション(発表パターン)をイメージ上でそれぞれ予め体験し、より自分や発表先に適したものを選ぶ
・通常の覚醒状態で予想する想定質問以外に、何か準備しておくことはないか?を潜在意識に問い、準備する

といった活用法も可能です。


| 催眠療法がめざすもの | 07:45 | - | - |


催眠療法がめざすもの その3
JUGEMテーマ:催眠療法
多くの人々が悩む分野の一つに、依存症に関するものがあります。
代表的なものとしてアルコール依存症、ニコチン依存症(タバコ)、薬物依存症があります。
また摂食障害(特に重度の過食嘔吐を伴なうもの)、買い物、ギャンブルなども、それぞれある種の依存症といえます。

これらに対しても催眠療法が有効といわれていますが、やはり生やさしいものではなく、
本人の意志や根気が非常に重要です。
また家族や職場などと協力してもらえる人の方が、たとえ途中でまた依存対象に手を出しても立ち直りやすいです。

依存症がなかなか手ごわいのは、その対象にはまることが(決してベストではないのはもちろんですが)その人なりのストレス解消法になっているからです。
そのストレスがどこから来ているのかを見極めて直面し、もっと合理的な別の解決法を取るように自分をふり向けない限り、あっという間にもとの木阿弥に戻ってしまいます。

催眠療法では、この「依存対象に手を出すことになったそもそものきっかけ」を思い出しやすくしたり(きっかけはすっかり忘れ去られていたり、別のものごとをきっかけと思い込んでいたりすることも珍しくありません)、依存症から自由になった未来の自分をセッションの中で体験し、依存対象を断つモチベーションを強化するなどして、依存からの離脱を援助します。
| 催眠療法がめざすもの | 07:38 | - | - |


催眠療法がめざすもの その2
JUGEMテーマ:催眠療法
催眠療法によって改善可能な分野の一つが恐怖症(フォビア)に関するものです。

例えば高所恐怖症、先端恐怖症、対人恐怖症、閉所恐怖症などです。
対人恐怖症は「社会不安障害」、閉所恐怖症は「パニック障害」として、ここ20年ほどで知名度が急速に上がり「自分もそれなのでは…」と精神科や心療内科を訪れる人が増えています(疾患分類については実際にはより細かくなりますが、ここでは話をわかりやすくするために代表的なもののみ挙げています)。

特にパニック障害は外来でお目にかかることが多く、その専門外来を持っているクリニックもあるほど。
パニック障害はSSRI等による薬物療法が有効である一方、薬物だけでは効果不十分で外出がなかなか思うようにできなかったり、またよく効いている場合にも減薬や断薬をすると再発することが多いため、数年以上の長期にわたって服用しなければならない場合が珍しくありません。

こうした場合、薬物以外の手段として認知療法・認知行動療法が有効であることが知られています。


| 催眠療法がめざすもの | 08:02 | - | - |


催眠療法がめざすもの
JUGEMテーマ:催眠療法
トップページ右側、「ご挨拶」にあるように、催眠とは心の9割を占めるといわれる「潜在意識」に意図的にアクセスするための手法の一つです。

何となく不安、憂うつ…頭ではそんなに心配する必要がないはずとわかっていることであっても、なぜか振り払えず、日々暮らしていくことが困難なとき…もしかしたらそれは、遠い昔、何らかの理由で心の奥底に辛い経験、記憶、それにまつわる強い感情をいつのまにか押さえ込み、封印したためかもしれません。
催眠療法ではそうした抑圧された記憶、感情、思考を、患者さんが脅威を感じずに扱えるような形で再認識できるようにサポートします。
これにより、全体としての自分をよりよく理解し、誇りを持ち、そして他の人々にも穏やかで落ち着いた愛情を向けられるようになることでしょう。

次回からは、具体的な分野別のご紹介をいたします。


| 催眠療法がめざすもの | 13:37 | - | - |


| 1/1PAGES |